Seleziona una pagina

このアイデアは、1987年にトレントで生まれ、アヴィシオ川の左岸に位置するチェンブラ渓谷にあるロナ(Lona)で暮らすフランチェスコ・ミケリ(Francesco Micheli)から生まれました。2007年、彼はSottolonaの小さな農場で夕日を見ながら、彼の夢を具体化する方法を計画し始めました。その小さな土地の所有者である彼の父の助けを借りて、数年間放置されていた隣接する土地の一部を購入し、依然として存在するドライストーンの壁を修復し、シャルドネを再植えました。醸造と貴重なアドバイスに対する協力に感謝の意を表します:Villa MadruzzoのCantina Pravis、PergoleseのF.lli Pisoniディスティラリー、および醸造家のワルター・ホルツァーに感謝します。また、彼のプロジェクトに捧げた時間に感謝の意を表します。家族や私に近いすべての友人に感謝します。彼らなしでは、これは存在しないでしょう。

製品

写真とビデオギャラリー

写真とビデオギャラリー

会社訪問

当社のワイナリーでは、事前予約が必要で、最大10人のグループを歓迎することができます。ぶどう園の訪問とワイナリー内での製品の試飲を提供しております。お気軽にinfo@cantinamicheli.it
までメールでご連絡いただくか、+39 348 4433199までお電話いただければ、お手伝いさせていただきます。

雑誌

土地

「トルキオのある農家、石畳のあるぶどう畑、森」 これは既に1429年のLonaの評価書に記載されていた、Lona Lasesの美しい小さな地区、Sottolonaです。一方、Lona、Sottolona、Piazzoleの住民がCembraの人々とKonigsbergの支配地域の人々との関係を維持するという意向を記録する最初の文書は、1600年にCembraの公証人の家で作成されました。しかし、Cembraとの連絡橋は何世紀にもわたり数々の困難を乗り越えてきました。フランスの侵略(1796年-1797年)の際には切断され、後に再建されましたが、最終的に1964年に鉄の骨組みとラルチェの板で修復されましたが、1966年の洪水に耐えられませんでした。1856年に祝福された小さな聖堂が、今もなおこの静かな地区を見守っています。Sottolonaに住む6つの家族によって建設され、1年ごとにお手入れをする約束で、Lonaでミサが始まる前の祝福の時間帯に毎日3回、および祝日にはミサの30分前に毎日アヴェ・マリアを鳴らすために建てられました。

マッチング

SCHIAVA “TITON”
トレンティーノの伝統的な料理、たとえばカネデルリのスープ、野菜のスープ、またはキノコを使った料理、塩漬けの肉、アルプス地方の伝統的な冷肉とよく合います。リッチで強烈な香りの料理との組み合わせはおすすめしません。

KERNER “SOLADIO”
魚や野菜のテリーヌ、夏のサラダ、グリルした魚、繊細な新鮮なチーズとよく合います。また、スライスしたチーズもこの果実味のあるドライワインとよく合います。

SPUMANTE “1223KG”
揚げたての魚、タルタル、甲殻類とよく合いますが、白身の肉や魚、野菜を使用したパスタとも美味しく楽しめます。

SPUMANTE ROSÉ “EVÒOCHI”
このロゼスパークリングワインは、ナポリ風のピザやツナとトマトの料理と非常によく合います。約8°Cで提供するのがおすすめです。

地元の料理

薫製またはスモーク肉。
さまざまな動物の後半部分から作られる、生または調理用の加工肉で、豚、馬、ロバ、去勢動物、ヤギ、シカ、またはシカノロから作られ、特徴的で香り高く、切ると柔らかく、鮮やかな赤い色をしています。燻製されると「Carne fumada」と呼ばれ、外側はより暗く、燻製製品の特有の香りと味があります。肉の部分は、牛や馬用に約1-2キログラム、他の種にはずっと少ない重さで、専用の容器に入れられ、塩、黒コショウ、ジュニパーベリー、ローリエ、シナモン、クローブの花から成るドライブラインに浸され、白ワインで湿らせます。少なくとも20日間寝かせた後、専用の保管施設に移され、必要に応じてビネやブナの木材を使用して燻製にかけられ、ジュニパーニードルで振りかけます。